私のこと

子育ての軸としているモンテッソーリ教育との出会い

こんにちは。

イギリスで子育て中のかおりです。

今回は、私がすっかり魅せられてしまった、モンテッソーリ教育との出会いについて書いていこうと思います。

モンテッソーリ教育との出会いのきっかけ

モンテッソーリ教育

現在、子育ての道しるべとして、おうちで出来る「モンテッソーリ教育」を取り入れています。

すっかりハマって、色々勉強しているうちに、ホームメイドモンテッソーリの認定講師となりました。

長女を出産して特に何の知識もないまま育てていて、毎日何となく過ごしていました。

産後は腱鞘炎や関節痛など、結構しんどい日が続き、とにかく毎日寝かしつけに苦労していました。

1年半くらいたってやっと体が回復してきた時に、ふっと思いました。

こんな何も考えず適当に育ててしまってていいのかな?

毎日何となく外に出かけて、公園に行ったりショッピング、カフェに行ったり。

そんなことを思っている時期に、一時帰国したくなって、長女と2人で日本へ一時帰国しました。

この時の一時帰国が、モンテッソーリ教育を勉強するきっかけとなりました。

きっかけとなった事
  • 家族とモンテッソーリ教育の話題になったこと
  • たまたま本屋や電子書籍で購入した育児書がモンテッソーリ教育に関しての本だった
  • 兄がモンテッソーリ教育をうけていた

一時帰国していた時、家族との会話で始めて知ったのですが、私の兄はモンテッソーリ教育の保育園に通っていたようです。

兄本人も知らなかったようw

兄弟でもこんなに出来が違うものか?

と幼いころから思っていましたが、モンテッソーリ教育が影響してたのかも、と今なら納得。

もちろん性別も性格も違うし個性もあると思いますが・・・。

私は家から一番近い私立の幼稚園に3年間通っていました。

私が通う幼稚園と別の場所に兄が通っていたのは知っていましたが、そこがモンテッソーリ教育をしていたという事は全然知りませんでした。

母に何で兄をモンテッソーリ教育の保育園に入れたのか聞いたら、ただ単に評判が良かったから・・・と言う回答w

モンテッソーリ教育について詳しくは知らないようでした。

モンテッソーリ教育の本がおもしろい

日本へ一時帰国した時に、育児書を買って子育てについて勉強しようと思いました。

勉強すれば、子育てに関するモヤモヤが少し減るかもしれないと思って。

育児書って面白いイメージなかったのですが、モンテッソーリ教育の本はとても興味深くおもしろくてすぐに読み終わってしまいました。

何でモンテッソーリ教育に関する本を手に取って買ったのか、今となってはよく覚えていませんが、たまたま買ったを読んで、子育てへの考え方がガラッと変わりました。

それからと言うもの色んなモンテッソーリに関する本を買いました。

日本から持ってきたり送ってもらったりしていますが、Kindleも利用して読んでいます。

  • 子育てが楽になる
  • イライラがなくなる
  • 自立した子に育つ
  • 自己肯定感が身につく
  • 子どもが主役

家で工夫出来ることがたくさん。

モンテッソーリ教育にすっかり魅せられてハマってしまいましたw

そして2年間長女に何もしてあげていなかったことを後悔。

でも出会えたことに感謝。

家で無理なく自然体でモンテッソーリ教育を取り入れています。

【モンテッソーリ教育から学んだこと】

  • 子どもを観察すること
  • 子どもを見守ること
  • 環境を整えること
  • 待つこと

子どもの可能性は無限大であり、信じてサポートするのが親の役目だと思うので、毎日コツコツやるのみ。

子どもにたくさんの興味の種をまくように、色んな体験をさせてあげたいと思います。

芽が出て、茎が伸びて、花が咲く・・・

開花は10年後かもしれないし、20年後かもしれないし。

もしかしたら開花しない種もあるかもしれないけど、無理に芽を引っ張って伸ばそうとせずその時に必要な事をサポートしていきたいと、モンテッソーリ教育を学んで思いました。