ネットビジネス

仮想通貨はビットコインだけじゃない、アルトコインがたくさんある

こんにちは。

イギリス在住のかおりです。

今回は、仮想通貨はビットコインだけではなく、他にも色々とたくさんあると言う事について書いていこうと思います。

仮想通貨の名前

2018年1月、仮想通貨「NEM(ネム)」の流出問題が、大きなニュースとなりました。

仮想通貨と言えば、「ビットコイン」がとても有名で「仮想通貨=ビットコイン」と思ってる人も、たくさんいるのではないかと思います。

実は、私も最初はそう思ってました。

でも仮想通貨は、ビットコインだけではありません。

ビットコイン以外の仮想通貨の事を「アルトコイン(Altcoin)」と言います。

アルトコインは「Alternative Coin」の略で「代替通貨」と言う意味。

ビットコインに代わる通貨、と言う事なので、一つの通貨の事を意味してるわけではなく、ビットコイン以外の通貨の事を表しています。

基本的な仕組みは、ビットコインと同じですが、ビットコインの問題点を改善して、補完や置き換えを目指して作られています。

ビットコイン(Bitcoin)

世の中に、一番最初に出てきて広まったと言う事もあり、知名度がとても高いのがビットコイン。

ここ最近は、世界規模で流通量も多くなってきているので、いきなり価値がなくなる事は、ないと言われています。

でも、「仮想通貨はあと数年で終わる。」と言ってる方たちも実際にいます。

未来の事は、未来になってみないとわからないので、今後どうなっていくのか要チェックです!

ビットコインのメリット

  • 直接相手に送金する事が出来る
  • 送金の手数料が安い
  • 365日24時間取引可能
  • 儲かる可能性がある
  • 国境のない通貨で両替の必要がない

ビットコインのデメリット

  • 何が起きようとも国は補償してくれない
  • 秘密鍵でセキュリティが強固になっているため、
    亡くなったら相続ができない可能性がある
  • 暴騰暴落を繰り返しているので、価値の保存には向いていない
  • アドレスが長くて覚えるのは難しい

アルトコイン(Altcoin)

ビットコイン以外の通貨を、アルトコインと呼びますが、本当にたくさんの種類があります。

2018年2月時点で、1500種類程度あると言われているので、全部を把握するのは、かなり難しいですね(^^;

そして、その量はさらに増えています。

それぞれのアルトコインは、個別の特徴を持っていて、個別のレートで変動しています。

ビットコインに続き取引量が多くて人気の高いコインを調べてみました。

2位以下が全てアルトコインになります。


Cryptocurrency Market Capitalizationsからの引用です。(2018年1月)

取引量は、真ん中の列の「Market Cap」が時価総額になるので、そこを見れば一目瞭然です。

ビットコインも含め通貨名と単位をまとめてみました。

名称 単位
1 Bitcoin(ビットコイン) BTC
2 Ethereum(イーサリアム) ETH
3 Ripple(リップル) XRP
4 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) BCH
5 Cardano(カルダノ) ADA
6 Litecoin(ライトコイン) LTC
7 Stellar(ステラ) STR
8 NEO(ネオ) NEO
9 EOS(イオス) EOS
10 NEM(ネム) XEM

Ethereum(イーサリアム)は時価総額が、ビットコインに次ぐ第2位となっていて、ビットコインの次に注目されている仮想通貨です。

ビットコインの場合は、ブロックチェーン上で全ての取引記録を、管理しています。

しかしイーサリアムは、金銭の取引だけでなく、取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができる「スマートコントラクト」という技術を採用しています。

アルトコインのメリット

  • 低価格の物が多い
  • 今後大きな利益が期待できる
  • ビットコインの欠点を補って
    改良しているコインが多くある

アルトコインのデメリット

  • 詐欺のコインの可能性がある
  • 価値がなくなってしまう可能性がある
  • 実用されているコインがまだほとんどない
  • 日本の取引所で入手出来ないコインが多い

アルトコインは、それぞれ特徴があって、変動の仕方も異なります。

その特徴や、利用可能なサービスを知ったうえで、購入してみるのが良いと思います。

また、購入する時には、取引所選びも気を付けた方が良いでしょう。

コインチェックから、NEMが流出したのも、NEM自体の問題ではありません。

コインチェックのセキュリティに問題があったからです。

口座開設する前に、金融庁が認可した仮想通貨交換業者であるかどうか、確認するのも一つのポイントです。

コインチェックは、正式に認可されていませんでした。

私はそんな事知らずに、取引をしてしまってました。

勉強不足・・・。

結果的に、資産はなくなっていないので、良かったというところです。

これから取引所に、登録する方は、信頼できる取引所であるかどうかをまず調べてから、登録し取引をした方が良いと思います。

【金融庁が認可している仮想通貨業者】

金融庁「仮想通貨交換業者登録一覧

まとめ

本当に色んな種類の、アルトコインが発行されています。

ただ単に購入するのではなく、そのコインが、世の中にどんな影響を与えるのか?

など知ったうえで購入すると、面白くなりそうです。

また、取引所はたくさんあって、それぞれ、取り扱い通貨や手数料が違ってくるので、最初にいくつか登録しておいて、使い分けると良いと個人的には思います。