イギリスで妊娠・出産

イギリスのNHSで受けた9回目の妊婦検診の内容(妊娠39週)

こんにちは。

イギリス在住のかおりです。

 

前回の38週の検診から、

ちょうど1週間後の39週に

ミッドワイフ(助産婦)の検診に

行ってきました。

イギリスのNHSで受けた8回目の妊婦検診の内容(妊娠38週)こんにちは。 イギリス在住のかおりです。 前回の36週の検診の時に提案された 予定日より前に陣痛が来るようにす...

今回はナビさん(旦那)都合が

つかず、1人で行ってきました。

 

今回のミッドワイフは、

前に1度お世話になった事がある

若いミッドワイフでした。

 

イエローブック(母子手帳)を渡すと

ミッドワイフは、サラッと目を通して

「今日は通訳を使って、前に説明した

Membrane Sweep(卵膜剥離)に関して

もう一度話しましょう。」

と言って、電話通訳につないでくれました。

 

今回の通訳さんは、今までで

一番最悪でした(笑)

 

男性だったと言う事もあってか

日本語もたまに通じませんでした。

 

こういう時は、出産経験のある

女性の通訳さんだったら

全然違ったかもなぁ?

なんて思いました。

 

まっ、でもミッドワイフが

言ってる事、今回ほとんど

理解できたので、特に問題や不安は

ありませんでした。

 

<ミッドワイフの説明内容>

  • Membrane Sweep(卵膜剥離/子宮口内診)のやり方の説明
  • 効果があるのは8人に1人くらいの割合
  • 不快感はあるかもだけど、痛みやリスクは特にナシ

 

前回の検診では、内診を断り

マッサージは受けませんでしたが、

今回は受ける事にしました。

 

受ける前に、いつもの検査と同じで

尿検査、血圧、子宮底のチェックをし

胎児の位置の確認をしました。

 

前回は、まだ赤ちゃんの頭が

下がってきていないと、言われましたが

今回は少しだけ赤ちゃんの頭が骨盤の方へ

下がってきていると言われました。

 

自分の感覚では下がってきてる感じは

全くありませんが・・・。

 

今回初めて赤ちゃんの心音の

チェックをしました。

 

問題ないとの事で、内診を受けました。

その後また赤ちゃんの心音を確認しました。

 

日本だと卵膜剥離は

「内診グリグリ」とも言われていて、

陣痛より痛かった、なんて話しも

聞いた事があるのですが、

イギリスと日本ではやり方が

もしかしたら違うのかもしれません。

 

痛くなかったし、出血なども

ありませんでした。

 

効果がある人は、48時間くらいで

陣痛がくるそうですが、私の感では

何もないかなぁ~、なんて思います。

 

まだわかりませんが・・・。

 

もし陣痛が来なければ、

来週の40週の時に出産予定の

病院へ行って、ドクターと

話し合いをする事になりました。

 

話し合いと言うよりは、たぶん説明を

聞くんだと思います。

 

ミッドワイフが病院の予約を

入れてくれました。

 

早いもので、今回でミッドワイフの

検診は終了です。

トータル40分くらいでした。

Midwife

今更ですが、ミッドワイフの検診を受けた

部屋は、上の写真のような感じの所でした。

 

次回からは、出産予定の病院へ

通う事になりました。

出産予定日にNHS病院で陣痛誘発剤を勧められた理由(妊娠40週)こんにちは。 イギリス在住のかおりです。 妊娠39週で出産前の ミッドワイフ(助産婦)との 検診が終了し...